新馬券win5で、2億円当選したらどうなるか?







win5は、インターネット投票か在宅投票システムでないと、
馬券を購入する事が出来ません。


この辺りが、JRAの嫌らしい所です。


当然、口座に2億円が振り込まれてきます。
競馬で的中した勝ち金は、非課税ではありません。


その為、最低でも5000万円は、税金用に残しておく必要があります。


2億円全部使ってしまって、後に、
税金の催促が来てしまうと、手遅れになってしまいます。


その為にも、5000万円は最低でも手を付けてはいけません。


何故、手を付けてはいけないかと言うと、
口座に2億円の入金履歴は必ず残ります。


JRAと国税局は裏でつながっていますので、
win5的中者を国税局に教えます。


JRA直轄の上部組織は、農林水産省です。


ようは、農林水産省から指示を受けたJRAが、
国税局に、言葉は悪いですが、密告すると言う事です。


その為、2億円的中したら、バカ騒ぎするでしょうが、
冷静に、5000万円を取っておかないと、
後々が大変な事になると言う事です。


JRAが、競馬場や場外馬券売り場で発売しないのは、その為です。


国税局と繋がっている訳ですから、
場外で発売した場合、誰が的中したかが特定出来ず、
国税局としては、美味しいかもを逃す事になります。


これは、国税局に取ってはかなり痛いです。


この馬券の発売を巡っては、発売前にかなり長く審議されました。


結果、在宅投票及び、インターネット会員だけと言う、
税金を、ほぼ確実に取れる会員にしか発売しない作戦に、
JRAと国税局は出ました。


宝くじはいくら当たっても、非課税です。
税金は、1円たりとも持っていかれる事はありません。


馬券の不公平な所は、既に馬券を購入した時点で、
25%JRAに持っていかれています。


その上税金とは、かなりシビア話ですね。





コメントを残す